にたにた.いんふぉ

ペチパーがPHPを勉強する話が多いです

サービス頑張って作っていくので暖かく見守って頂ければ嬉しいです

今の日本の平均年収は420万。
年収の中央値は360万ぐらいだと言われてます。
これは賞与込みの給料なので、実際月に30万貰ってる人はそこまで日本にいないのでないかと思います。
手取りだと20万かそこらなのかもしれません。


私の生まれ育った家庭は、そこまで裕福であると自覚はなかったとものの、父親が毎月家庭に30万を振り込んで、これで家事のやりくりしてくれと毎月手渡ししていたのを鮮明に覚えています。
ここに子供の学費は含まれてなかったと思います。
自分の家が金持ちだと全く思っていませんでしたが、貧乏であるとは当時は思ってませんでした。
ただ小学校の頃、私はイオン的なところ(イオンに吸収された地元スーパー)で買った500円のズボンを2着もっていて、それをいつも履いていて、、
今思えば、お金なかったんだなと思います(親に感謝です😭)。


私は東京で今生活しているのですが、
ある程度、心に余裕をもって生きていくには年収500万ぐらいは必要だと感じています。
私の場合、500万を超えてから、ようやく会社のために何か貢献したいと思うようになりました。


余裕がなければ向上心が生まれません。
そして、向上心がなければ余裕のある生活を手に入れることは難しいです。

実はこれが一番言いたかったです笑


向上心、つまりMotivationがあれば、成長していき、それを周りが評価して、給料も上がり、余裕も生まれる可能性があります。
ただし、あくまでもそれを評価される環境があり、給料が上がる環境があればという話ですが。
また、給料つまり賃金はそもそも労働需要と労働供給に依存するので、評価とかもそんな話ではないとおっしゃる方もいるかと思います。
それも一理あります。なので、上では「余裕も生まれる可能性があります」と表記しています。


Motivationに関してはMotivation Theoryという社会学やら経済学やら心理学の領域らしく色々とMotivationの源泉となる要因に関する研究はされているらしいです。
余談ですが、其の解として最近よく聞くOKRとかあるのではと思います。
あれは企業組織として最大価値を生み出すチームのMotivation管理手法みたいなものだと私は思ってます。
Motivationは外発的動機と内発的動機に分けて考えることができて、OKRなどは内発的動機に関係する領域で、給料などは外発的動機に関係して、そこには期待理論みたいな話もあったり...みたいな。
結構いろいろな説があるらしいです。
これについてはまたおいおいブログで書ければなと思います。


なんでこんなわけのわからん話を書いているのかというと、
今、開発しようと構想しているサービスは、まさに、人々のMoticationに関する分野で作りたいと考えているからです。
そしてこのサービスによって、みんな少しずつ成長して、みんな余裕のある生活をして、面倒な作業とかはRPAとかAIとか今後代替される世界に備えて、今から何かできればなというサービスをつくりたいと思ってます。

少しずつ、というか、ほとんどはプログラミングのゴミメモしか書く予定はないのですが、サービス概要なども紹介していきたいと思います。

長文すいません。失礼いたします。